ヤマダモール

テレビとジャニーズ メディアは「アイドルの時代」をどう築いたか?

テレビとジャニーズ メディアは「アイドルの時代」をどう築いたか?

商品コード:X1009784773405064

  • 著者太田省一/著
  • 出版社名blueprint
  • ページ数233P 19cm
  • ISBN978-4-7734-0506-4

販売価格1,728円(税込)

ポイント3%52円相当進呈

在庫お取り寄せ

ご購入数量

おすすめコメント

テレビとジャニーズには、見逃せない歴史がある。 歌、ドラマ、バラエティ、スポーツ、報道など、さまざまなジャンルの番組が存在する「テレビ」。これらの番組で垣根なく活躍するタレント集団が「ジャニーズアイドル」だ。80年代には歌の『ザ・ベストテン』やドラマ『3年B組金八先生』など高視聴率番組に出演。平成に入るとSMAPのデビューを経て、徐々に「アイドルによるバラエティ番組」をゴールデンタイムの定番に変えていった。2000年代に入ると嵐の櫻井翔やNEWS小山慶一郎が、それまで未開の領域だった「報道番組」へと進出。2015年には、ジャニーズJr.のなかから難関の気象予報士試験に合格する者も登場し、世間を驚かせた。   一方、こうしたジャニーズのマルチな才能を借りて、「テレビ」もメディアとして成長を遂げていった側面がある。元の大衆的な報道・娯楽メディアという立ち位置から、年々、扱うジャンルを細分化し、国民一人ひとりのニーズに応える多目的メディアへと変化したのだ。本書では、長きにわたり共に歩んできた「テレビ」と「ジャニーズ」の歴史を総括する。テレビの未だ見ぬ可能性、そしてジャニーズの才能の源とは。