ふるさと納税とは
ヤマダふるさと納税とは
カンタン制度導入!
税金免除手続き
いくらまでできる?
カンタン
シミュレーション

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、納税とはいいますが応援したい自治体に寄附をすることで、地域の活性化・地域を元気にする制度です。 寄付をした人は、所得税と住民税の還付・控除が受けられます。
多くの自治体が、寄附のお礼として地域の名産品などを送っています。 寄付金を有効活用した地域活性化に貢献でき、地域の生産者も喜び、寄付した人もお得になるとても魅力的な制度です。

ふるさと納税のポイント

①寄附をすると各地の自慢のお礼の品がもらえます

地域特産の肉、魚介類、野菜をはじめ、工芸品など全国各地の自慢の逸品がお礼の品として揃っています。
また、施設の優待券、宿泊券などの特典を提供してくれる自治体であれば、その土地を訪れてみるという楽しみもあります。

②税金の控除が受けられ、自己負担は年間総額で実質2,000円に抑えられます

ふるさと納税を上手に活用すれば「60,000円の寄附をして、58,000円の控除」というように、実質2,000円の負担で地域に貢献でき、お礼の品を受け取ることができます。
控除を受けるためには、控除上限額と必要な手続きが決められていますので必ず確認しましょう!

③出身地に関係なく好きな地域(複数でもOK)に納税できます

出身地に関係なく好きな地域(複数でもOK)に納税できます
寄附先は生まれ故郷に限らず、全国どの自治体を選んでも構いません。また、1つの自治体に限らず複数の自治体に寄附することができます。
ご家族やお友達の出身地、旅行で訪れた場所などに寄附をしてみるのもいいですね。
※ワンストップ特例制度を利用する場合は5自治体まで、それ以上の自治体に寄附をする場合は確定申告が必要になります。

④寄附金の用途を選ぶことができます

多くの自治体は、ふるさと納税の寄附金の使い道を指定できるようにしています。
使い道は環境の保護、災害からの復興、子育てや子供たちのために、など、自治体によって様々です。
寄附者として納得いく形で利用してもらえるように用途を選びましょう。

ふるさと納税ってなんでお得なの?